天保通宝も古銭買取の対象になることも

荷物の整理をしていたら、昔買った天保通宝が出てきた…という体験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。天保通宝は普通の硬貨と同じように使用することができますが、そのまま買い物に使ってしまっては額面の価値しかありません。

もしかすると古銭買取に出すことによって、付加価値を得られる可能性があります。古銭買取というと、骨董品としての価値もあるような古い硬貨しか取り扱いがないイメージですが、比較的新しい天保通宝なども広く取引されています。

数十年前に発行されたようなものでも、額面の数十倍の価値が付くものもあるほどです。親世代以上の方から譲り受けたものなど、自分は天保通宝にそんなに思い入れはないけれど、普通に使ってしまうのはもったいないと思っている方は、古銭買取専門業者に査定を依頼してみるのが良いでしょう。相談ならCoin Sellへ!

自分は古銭買取の対価を受け取れる上に、天保通宝は新しい持ち主の手に渡って大切にしてもらえるので一石二鳥です。

普段流通していない天保通宝は買取ができます!

見たことがない天保通宝の古銭は、家族が所有していることもあり、納戸や物置を整理すると見つかることも珍しくありません。

これらの古銭は、一般の小売店や自動販売機では利用することができませんから、お金としての価値があっても利用することは不可能です。

しかし、古銭買取サービスを活用すれば、高く買取してもらえることもありますから、一度、査定してもらうとよいでしょう。

また、インターネットで調べれば、一般的にどの程度の価値があるかも知ることが可能ですので、事前に検索してから査定してもらうことも有効です。

自宅にいても、天保通宝の画像を送りすぐに査定してくれるサービスもありますから、処分をする前に買取業者に相談してみるとよいでしょう。

現代社会では、不用品の処分にも色々と気を使わなければなりませんし、古い紙幣や古銭の扱いには困ることも珍しくありません。

いらないと感じている古銭でも値段がつきますから、古銭買取サービスを利用するとよいでしょう。

タンスの奥の古銭コレクションを売るつもりです

父親から譲り受けた古銭コレクションがあります。私は古銭に興味がありませんので長年タンスの奥に閉まっていたのですが、古銭を高く買い取ってくれるお店があると知り、思い切って売ろうかと考え中です。

親からもらったものなので売るのは悪い気もしますが、親ですからそのくらい許してくれるでしょう。

興味がないものを持っていても仕方がないので、売れるなら売って家計の足しにしたいです。

母に聞いたところ、父はまた新たに古銭を収集しているようなので、新しく集め直すのが楽しいのかもしれません。

そういう気持ちは私もよくわかりますので、私が譲り受けた古銭は、私の判断で売ってもよいでしょう。売るからには高い買い取りを目指します。

そのためには高値買い取りをしてくれるお店が必要です。いくつかお店を回り、査定だけ受けてみるつもりです。

古銭に関しての知識がありませんので相場などはわかりませんが、複数のお店で査定を受け、高いお店で売れば間違いはないでしょう。

高校生の時にはじめて古銭買い取りを利用しました

初めて古銭買い取りを利用したのは高校生の時でした。未成年ですから親の承諾が必要で、買い取り承諾書などに親にサインをしてもらったのを覚えています。

私は小学生の頃から古銭を収集していたので、高校生の頃にはけっこうな量のコレクションになっていました。

最初の頃はとにかく古銭ならなんでも良いと思っていたので、重複しているものも多かったです。

それからだんだんと古銭を見る目が養われ、高校生くらいの時にはコレクションとして価値のあるものなどがわかるようになりました。

そこでコレクターとして必要ないと思われる古銭を、高校生の時にはじめて売ったわけです。古銭を買い取ってもらった地元にあるなじみのお店です。

そのお店で古銭を購入した事も何度かあったので、店主も私の事を認識しており、比較的高く買い取ってくれたのを覚えています。

地元での評判が悪くなると商売ができませんので、地元民の高校生である私を優遇してくれたのかもしれません。

スピーディーに古銭を売るのであれば

亡くなった父が趣味でコレクションしていた古銭が、いつまでも自宅の押し入れの中にあって困り果てていました。

処分をするにしてもどのようにして処分をすれば良いのか分からなくて、気づけば1年が経過していたのです。

断捨離していることもあって、不要な物はなるべく処分したいと思ったので、古銭を買い取ってくれるようなお店を探しました。

インターネット上で情報を集めていると古銭買取業者が見つかったので、すぐに買い取りのお願いをしました。

出張買取を依頼してスタッフの方に自宅に来てもらったのですが、対応はそれなりに良くてスピーディーに査定と買い取りを終わらせてくれたのです。

私は買取業者に関する知識はほとんどありませんが、こちら側が不快になるような対応をすることもなくて、言葉遣いも丁寧だったので、対応は決して悪くはありませんでした。

スピーディーに古銭を売りたいのであれば、古銭買取業者に依頼をするのがもっとも良いのではないでしょうか。

古銭を高額で買い取ってもらう方法

古銭が自宅にあった、という場合にはコレクターではない限り、売却をしたいと考えるでしょう。

最近では古銭買取を専門に行っている業者もあるので、高値で対応をしてくれることもあります。

またコレクターということではなく、管理もされていない状態であれば、キレイにして高額で買い取ってもらうようにするとよいでしょう。

ただし間違ったケア方法で行ってしまうと、劣化をする原因になってしまうこともあるので、正しいケアの方法を調べておく必要もあります。

何もしないとボロボロの状態であったり、錆びがひどいということもあります。

それらをキレイにすることによって、状態を改善させることもできるので、自分でできる範囲でケアをしてみるとよいでしょう。

また中には付属品なども一緒に保管されているということもあるので、付属品もあれば一緒に買い取ってもらうとよいです。

そうすることによって査定額もかなりアップさせることができるようになっています。

古銭の買取価格を効率良く比べられるWEBの査定

できるだけ古銭を高く買い取ってほしい時は、お店を比較するのがおすすめです。お店によって、買取り価格は異なるからです。

よく比較してみれば、かなり高い価格で買い取ってくれるお店が見つかる事もあります。ただ問題は、その比較の手間です。

確かにお店を比較すれば、高額買取になる事はありますが、比べるのは少々大変なのです。

例えばあるお店に古銭を持ち込んで、査定額はあまり高くなかった時は、一旦はお店に売るのを保留にします。

その後は、改めて別のお店に持ち込まなければなりません。手間が大きくなってしまう訳です。それよりは、むしろWEBで査定を受ける方が良いでしょう。

一部のサイトでは、古銭の一括査定などのサービスも提供しています。それを活用しますと、複数のお店の価格を効率良く比べる事もできます。

1つ1つのお店に古銭を持ち込むよりは、遥かに効率的です。高額買取になる事もしばしばありますし、WEBの査定を有効活用してみると良いでしょう。

古銭買取の豆知識、小判に対する評価とは

小判と呼ばれる貨幣は、古代から日本に存続していた訳ではありません。小判の始まりは、豊臣秀吉からの時代からだと言われています。

それ以前から、金の取引はありましたが、金の塊に刻印を押した内容もあり、貨幣としては扱われていましたが、鉱物としての価値を示す意味合いの方が強くありました。

小判は大きく、豊臣秀吉時代に発行された小判と、江戸時代に発行された小判に大きく分かれます。

日本最古の小判と呼ばれているのが、駿河墨書小判であり、数枚しか現存しておらず、古銭買取価格は1000万円以上する話しもあるのです。

江戸時代の小判は、基本的に10種類あるとされ、小判の大きさと金の含有量に違いがあります。最も価値が高いとされているのは、慶長小判です。

慶長小判は、最も大きいだけでは無く、金の含有量が最も高く、他の鉱物のほとんどは銀によって作られているためです。

保存状態にもよりますが、慶長小判の中には、古銭買取価格において、100万円以上で取引されている場合もあります。